彼は誰時

最北住み。

メンタルと体調の激不調から這い上がろうとしている50女が、再び都会のショッピングに挑戦してみた

毎年恒例行事となっている年末の札幌旅行。同じ時期に似たような旅行をしているので、一年ごとの自分を比べることができ、計らずともその年の自分の状況を知ることができています。

今年の夏は連泊の旅行がなかったので、この一年間では、自分の負担は減っているはず。でも、春に引っ越しがあったから、去年より負担が軽かったとは言えないか。(疲れやダメージを数か月間引きずるので、イベントが一つ増えるだけでも、私にとっては大きい)

先ずは、旅行のための準備。今年も、相も変わらず、
「間に合わない!!」
と連日叫び、テンパっていました。

間に合わないのは、言い訳がましくこと細かく書きたいところですが、我慢して簡単に書くと、冬服の準備ができていない、化粧品などが揃ってない、通院しなければいけないのに行けてない、年末に最低限行っておきたい用事が終わってない、ついでに11月に風邪をひいていろいろな予定が後ろにずれた、といったところです。

年末の旅行は、だんなのイベントのためです。だから、

「なんかさぁ、もう、最悪、(だんな)だけが札幌に行けたらいいんだよね。(だんな)が札幌に行くのが大事なんだから。今年は、私、行けないかもしれないわ。宿泊料とか、キャンセルしないでそのまま払っても、いいんだわ。もう、私、行けないかも」

と私が言うと、

「それ、お前、毎年、言ってるぞ・・」

とあきれるというより、憐れみに満ちた顔で、だんなから言われます。毎年、言っているそうなので、そのことでは例年と同じ状況、体調だったようです。(ちなみに、札幌旅行に同行したいということは、夏辺りに、私からお願いしていることです・・)

そんな感じで、宿に着く頃にはぐったり。それでも、島からフェリーに乗らなければスタートできないという、時間しばりがないだけも、精神的な負担がだいぶ少ないはずなのですが・・


26日に、「なんぽろ温泉」に宿泊。

27日、札幌へ移動。だんなは予定が入っていたので、お昼頃から別行動。

私は、先ずは、札幌駅近くのお店にだんなの服を買いに行きます。このお店も免税店になっていたのはびっくり。札幌、旭川は、免税店と表示するお店がどんどん増えていってますね。そして、私自身の話に戻ると、この頃はまだ元気。

そのお店から札幌駅のほうへと歩いていきます。エスタの人混みの中に入っていきます。その移動だけで疲れてしまったのでしょうか。

次の目的地はパセオの郵便局。これがJRタワーなど札幌駅周辺のショッピングエリアの端っこ。遠いですよね・・ 充分に分かっていたのですが、今年中に済ませておきたい用件を持ち越してきたため、郵便局に行くことにしました。

すんごいにぎわい。私は用紙に書くことがあったのですが、椅子に座って書きたいお疲れ度。空いていたテーブルの椅子に座って書こうと思ったら、椅子が重っ。(꒪ȏ꒪) まさに鉄の塊のような重さ。(確かに鉄を使ってんだけどさぁ) 椅子に座って書く人って、弱者のパターンも多くない? この椅子、重くて、全力で引かなければいけないんですけど。

全力で椅子を引いて書いて受付に提出してみたら、書き直しだって。
「えー!? 椅子付きのテーブル埋まっちゃったよぉ・・」
と思ってたところ、バインダーを持ってきてくれました。そうか、それを持って長椅子に座って書く方法があったか。(病院での問診方式?ですね)

年賀状がばんばん売れそうな場所にある郵便局に、まだ素の年賀状が売っていました。人気のインクジェット用年賀状も売っていましたわ。地方だと、この時期にはまったくなくなることもあるのだけど、札幌だったらぎりぎりまで買える状態になっているのですねぇ。

切手も豊富に店頭販売しています。旅の思い出に、素敵な切手を使うのも良いですね。ショッピングセンターの端っこのほうまで行かなきゃならないけど。

次は、だんなに頼まれた買い物をするため移動します。既にエネルギー切れです。

この時、私、地下街を歩いてます。お昼ご飯もまだ食べてません。お昼はカフェみたいなところに入って、飲み物を頼んで、痛み止めの薬を飲みたかったのです。地下街のほうがカフェが多いと思いまして、地下に潜っています。

腰の痛みも半端なくキテます。一年前の札幌一人歩きの悪夢、再来。

歩けない。
いや、正確には、歩けてはいるんだけど。
歩くのがとても辛い。
普通に歩けない。
歩けないということ自体が辛い。

朝に飲んだ痛み止めが切れてきています。お昼の痛み止めを飲みたいです。たいていはディバッグに水のペットボトルを持ち歩いているのですが、この日は、買う機会がなく持ち忘れてます。どこか自販機かコンビニで買うために探しに行ったほうが良いでしょう。でも、それを探すより、飲食店を探したほうが近いよね。

カフェはいくつかありました。途中、入る機会はありました。

でも、でも。 一年振りの札幌旅行、一年振りの札幌のスイーツです。(夏にタイトな日程の通院旅行はしてますが) 宗谷にも美味しいスイーツ店はあります。でも、同じようなお店ばかりになっちゃいます。それか、セコマスイーツか。都会のスイーツを、味わいたい!!!

だけど、札幌だからって、どこでも美味しいわけでないんですよね・・・ さっと選んで入った店で、心の中で涙したことが何度あることか。私は、こんなもののためにお金を払いたいわけでない。

平均点もいってないようなお店があるんですよ。これなら、稚内のチェーン店で甘いものを買ったほうが、はるかに美味しいと思うほどに。

・・という体験があるため、選んでました。ピンとくるお店を。そして、いくつか心に決められないお店を通り過ぎました。

と、突然ではありますが、その時。好みのバッグが目に入りました!!

毎日使っているディバッグタイプで、「勢いで買ったけど、なかなか使わない」という事態にもならなさそうです。今のディバッグも擦り切れているので、買い換えたいと思っていたところです。買っちゃいました。


荷物が増えました!!!ヽ ( ꒪д꒪ lll)ノ

腰も痛く普通に歩けないというのに。足も確実に重くなってきたというのに。荷物増やしました!!

鞄を大きなショッピングバッグに入れてくれたのですが、手に持つと、袋の底が床にすれます。コレ、どういうこと? 私、背丈あるほうなんだけど、私より低い人(平均サイズの人とか)は、確実に袋が床に付きますよね? 意味、分かんないだけど。肩にかけるほど持ち手は余裕ないと思うんだけど、無理やり肩にかけるのかな。

いや、がんばって、袋を少し持ち上げるようにしながら手で持つことにしました。

一目惚れで買っちゃったんだもん。がんばって、手で持って歩くよ。

それから、ステラプレイスの上階に行って、だんなに頼まれた買い物。

そのお店の中では安い買い物だったのに、息絶え絶えの私を心配してくれた店員さんが、椅子に座るカウンターの方で会計させてくれました。ありがとう、店員さん。

3つの買い物を持ち歩くことになった状態で、大丸のほうへ向かいます。残りの用事はそこです。

しかし、ショッピングエリアの東から西が、遠い、遠い。(´;︵;`)

痛み止めはまだ飲んでないし。途中、途中、椅子を見つけたら座って休みを取るようにしてるんだけど、椅子に既に座っている人がいて席が空いてないこともあり、泣く泣く歩を進めることに。

ショッピングエリアの中心部、札幌駅に近付くにつれ、カフェを見付けてもすごく混んでいるお店ばかり。店内が混雑している感じだったり、並んで待っている人がたくさんいたり、そういうお店ばかり。
「どうして、人が集中していない、中心部から離れてる場所で、とっとと入らなかったんかい!!」(。>ㅿ<。)

ここまで来たら、「マザーリーフ」にしよう。大丸のすぐ側にあり、何回も行ってて、同じようなメニューばかりを頼んでいるけど、私好みのお店だから、何度行ってもいいじゃないか。と、お店に向かうと。

ない!! 「マザーリーフ」が、ない!!( ゚д゚ ) 閉店したの!? 移転したの!? いつもそこに行けば私好みのスイーツがある、休むこともできる、と安心していたのに。

それから、気になる別のお店をチェックするも、並んで待っている人がたくさんいる。

この辺りはカフェがたくさんある。それをしらみつぶしに調べていけば入れるお店を見付けられるかもしれないけれど、こんなにも疲れているからこそ、くたくたに歩いて疲れ果てた末に入ったお店が私の期待通りのお店でなくて、ショックを受けて、お金も払ってくるなんてこと、できない。それなら、例えば、近くにロッテリアがあるのなら、そこで安いコーラーを飲んで、座って休むほうがいい。

疲れすぎていて、ご飯は入らない気がするから、大丸の飲食店街にも行かない。

・・・・・
もう何も考えられない状態だったが、がんばって、これからの予定を考えよう。

やりたいことはたくさんありました。例えば、買い物。通販も利用するようになったけど、どうにも通販で済まない、できれば実物を見たい買い物もあります。そういう買い物なども、頭の中で、ざくざくっと打ち消し線を引いて、タスクを消していく。

うん、あとひとつだけ大事な買い物をして、だんなの夜ご飯のお弁当を買って、それで今日はおしまいにしよう。予定を減らすに減らして、早々に撤退しよう。

私の体は、もう、限界だ・・(-ω-`)⌒)_

あとひとつの買い物。

売り場に行ったけど、商品がたくさんあって、めまいがした。そもそも不得意なジャンルの買い物。かなり疲れていて、立っているのも辛いけど、何よりたくさんのものから選ぶ思考能力が残っていない。ここまでがんばって歩いてきたけど、諦めよう。

足も重く上がらないので、靴底がつるつるに光った床にすれて、きゅ、きゅ、と鳴る。それは、他人にも迷惑だし、私にも耳障りな音だったが、もう、足が上がらない。

それでもお弁当を買うために、大丸の地下に行く。

・・・ ! あ、そうだ。大丸の地下には、「きのとや」があったじゃないか。あのお店なら入りたい。

行ってみると、一組しか待ってない。待てる!

無事入店。座って休むことでだいぶ回復したし、甘いものを食べて元気が出てきたし、痛み止めの薬もやっと飲むことができた。痛み止め切れてきた、お昼の薬飲まなきゃ、と思ってから、3時間程経っている。

それから、お弁当を買う。これは買うお店が決まっていたので、困ることなく購入できた。包装してもらったお弁当の紙袋に顔を突っ込み、くんくんと匂いをかぐ。意外やまったく匂いはもれてないぞ。

手荷物から匂いがしないということで、ここで再浮上してきたやりたいこと。一年に一度のぜいたく、楽しみ、フットマッサージを最後に受けることにした。

フットマッサージも、このお店に行くようになった当初の頃は、とても効果が出ていました。足は羽が付いたように軽くなるし、その頃の体調不良がしばらく受ける前より良くなったりしていたものでした。

でも、ここ数年は、そこまでの効果は出なくなっていました。フットマッサージが効く範囲とは別の不調を、今は抱えているのかもしれない。長年の不調が溜まりすぎていて、じんわりとしか効いてこないのかもしれない。それでも、精神的な疲れはかなり取れます。とても癒されます。

フットマッサージを受けて、少し生き返った状態になり、ホテルへと戻りました。

f:id:yukiha8:20190109041233j:plain
タイル絵「1935年頃の札幌駅」

去年も同じような感じだったのですが、JRタワーのショッピングエリアを歩くのは、とてもしんどかったです。歩き始めると短時間で腰に激痛が走ります。椅子に座って休めるととても助かりますが、いつでも空いているわけではありません。お店に入って休むのも良いのですが、あちこちの飲食店に入って休めるものでもありません。椅子がない時は、人通りがある場所でも立ち止まって膝に手をかけたり、時にはしゃがみこんで、腰を伸ばして痛みが和らぐまで休んでいました。

本当に、歩くのが困難というのは、日常生活に支障をきたし、辛いです。

今年の夏、秋は、運動をがんばりました。ウォーキングもしたし、ジムに通ったし、ダンスなどの有酸素運動にも参加しました。コンディショニングやヨガにも参加し、体を整えることもしました。お陰様でダイエットもでき、10kgの米袋を体から降ろした状態です。

去年よりもがんばったつもりなのですが、まだまだなんですね。11月に風邪を二回引いたのでその時にだいぶ体力が落ちたのも感じたのですが、それでも、夏、秋の貯金はまだ残っていると思ってました。

確かに、JRタワーのショッピングエリアは広い。かなり歩きます。

でも、普通に歩いて、以前みたいにショッピングを楽しむ、あるいは目的のショッピングなどの用事だけでも済ませるところまで、回復したいです。

もう、無理なんでしょうか。