彼は誰時

2011年の記事をまとめてます

抜海漁港のゴマフアザラシ

4月9日、12日と、稚内市抜海漁港(ばっかいぎょこう)のゴマフアザラシを見に行ってきました。

www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp

f:id:yukiha8:20171110183037j:plain

スポンサーリンク



抜海漁港へは、自家用車等がないとなかなかアクセスしづらいです。次のサイトの説明が、分かりやすいと思います。

ようこそ稚内抜海村 アザラシ案内北海道・樺太のアイヌ語地名や利尻・礼文・宗谷を紹介「カムイミンタラ」

seal.dolphin.jp

こちらの方は、タクシーの利用を勧めています。先のサイトの方は、一つの手段として、天気の良い日にJRを利用して、徒歩でアクセスすることをお勧めしています。

どのようにアクセスするかは好みの問題で、「何に旅の重点を置くか」によって変わってくることでしょう。

f:id:yukiha8:20171110183033j:plain

抜海漁港の奥のほうにアザラシが集まっています。この時には、道案内の看板もありました。

f:id:yukiha8:20171110183034j:plain

f:id:yukiha8:20171110183035j:plain

f:id:yukiha8:20171110183036j:plain

f:id:yukiha8:20171110183038j:plain

f:id:yukiha8:20171110183039j:plain

テトラポッドなどが置かれている浅瀬が砂場になっていて、この砂場がゴマフアザラシの休息場所に好まれるようなのです。この抜海漁港のアザラシが、雪国の冬場の貴重な観光場所にもなっているのですが、漁師さんの網を食いちぎったり、網の中に捕獲されていたタコなどの魚介類を食べ荒らしたりして、その漁から撤退する漁師さんもいるようで、漁業への被害は甚大なようです。アザラシが好む砂浜に上がれないように、抜海港に留まるアザラシを減らすためと防護網を張ってみたようなのですが、波にさらわれてしまったのでしょうか、網の一部は倒れ、アザラシは砂地に上陸しているようです。(ここのアザラシの中には、テトラポッドの上で休息するものもいるようです)

実は、日を空けず、二日行ってます。

f:id:yukiha8:20171110183040j:plain

f:id:yukiha8:20171110183041j:plain

4月9日撮影。9時の時点で、135頭確認できたようです。観察は、逆光にならない午前中がお勧めのようです。この日は、お昼頃に撮影。

そして、12日は、9時に204頭確認できたようです。この日は、午前中に撮影してます。

f:id:yukiha8:20171110183042j:plain

f:id:yukiha8:20171110183043j:plain

・・さらに砂地に侵入してます・・ その日によって見られる数が変わります。その行動にどういう法則があるのか分かりません。しかし、比較的荒天で波が荒れている日は、あまり見られないようです。

f:id:yukiha8:20171110183044j:plain

近くにアザラシ観察所が設置されてます。

f:id:yukiha8:20171110183045j:plain

双眼鏡もあり。

f:id:yukiha8:20171110183046j:plain

f:id:yukiha8:20171110183047j:plain

ライブカメラでアップで見ることもできます。

テーブルもあり、座って休める場所もあり。「ゴマ日記」というノートもありました。

f:id:yukiha8:20171110183048j:plain

f:id:yukiha8:20171110183049j:plain

外国人の方も訪れているようです。和訳して下さっている方もいるようですね。

・・抜海港のアザラシに関するQ&Aをチェックしてみました。個人的に回答しちゃいます。

  • 携帯電話のカメラで撮影できますか?

私の今回の写真は、コンデジの望遠機能を使って撮りました。さらに、若干のトリミングをしています。肉眼では遠目で見える程度です。近付いていけるかどうかの話ではなく、岸壁とアザラシの休息場所が離れているのです。だから、こちらから近寄っていきようがないのです。迫力のある絵になるアザラシの写真を撮りたいのなら、たぶんがっつりとした望遠レンズが必要なのではないかと思います。

  • 〇月は、見ることができますか?

漁業への被害が出てますので、正直、毎年、『今年はどうなるのかなぁ・・』という気持ちでいますが、ゴマフアザラシ観察所を準備するという方針が決まれば、稚内観光協会などでお知らせがあると思います。また、日によって見られる頭数は変化するようで、荒天の時は特に見られないようなので(そのような時に港にいるのは危ないと思いますが)、必ずしも満足のいく光景を見られるとは言い切れないと思います。

  • 夏は、見られませんか?

抜海漁港は、冬の間だけです。

f:id:yukiha8:20171110183050j:plain

f:id:yukiha8:20171110183051j:plain

ところで、この時の利尻富士の様相がとても興味深かったです。

f:id:yukiha8:20171110195314j:plain

利尻富士の山頂から雲が列を作って流れているのですよ。まるで、利尻富士が雲を製造して、ポンポンと空に出しているみたい。



2009/11/23 にアップロード。


(追記)


2014/01/20 に公開。


2014/02/23 に公開。