彼は誰時

2011年の記事をまとめてます

バウムクーヘン「三方六」の切れ端

f:id:yukiha8:20171103070152j:plain

f:id:yukiha8:20171103070150j:plain

帯広市の菓子店「柳月」の“三方六”(さんぽうろく)。チョコレートでコーティングして白樺の木肌を表現したバウムクーヘン。 ・・の端っこ、です。これだけで売られているのです。


f:id:yukiha8:20171103070151j:plain

こちらがその裏側のいかにも“端っこ”という姿。直径は大きなフォークの長さほどあります。

f:id:yukiha8:20171103070153j:plain

もうこんなの見たことなくて、大興奮で勢いよく食べ始めたら、程なくダウン・・ もともとがバウムクーヘンを何分の一かに切った大きさのものを食べるのを前提としている商品のためか、他のバウムクーヘンと違ってずっしりとした密度感。軽くありません・・ 人間らしく、少しずつ上品にいただくことにしました・・・

f:id:yukiha8:20171103070154j:plain

この端っこの部分は通販では買えず、店舗のみで購入することができるそうです。

関連ランキング:カフェ | 音更町その他


分量で言うと、一般的に売られているものより安い計算になるらしいです。お得だから人気があるのか。それともやはりこのイレギュラー感に惹かれてしまうのか。味は、形を変えてもやはり美味しい。チョコのかかっていない生地の部分もしっとりと美味しいですから。

www.ryugetsu.co.jp