彼は誰時

2011年の記事をまとめてます

変わる(心)時は一瞬

もし、現在、このメルマガを読んでいるあなたが10代だったら、諦めるのは早いです。もし、現在、あなたが40代、50代、もっと上の世代の方、諦めるのは早いです。

(中略)

TPIEの講義を受けて気に入ったことがあります。何か進歩する時は一瞬でする、ということです。人間も文化も長い道のりを経ていますが、変革は一瞬で起こります。起こったあと、また時間は流れます。もう一度言います。諦めたことを思い出してみて下さい。変わる(心)時は一瞬です。

非道徳ピアノレッスン:昨日の夢は今日の現実

私は、学生だったその年の11月、報道メディアと一切触れない数日間がありました。

新聞を目にすることもなく、テレビもなく、ラジオも聞けませんでした。友と政治の話をすることはなく、また話をしていたとしても、その時は、ゆっくり話をすることもできない数日間でした。

その一週間にも満たない数日間の後、テレビか新聞か、とにかく何か“スイッチを入れた”と同時に、「ベルリンの壁崩壊」のニュースが飛び込んできました。

子どもの頃から、東西の冷戦が終わるなどとは考えたこともなく、ベルリンの壁も永久にあるかのように感じていました。

「“この”数日間で、世界的な出来事が起こったんだ」

そのたった数日間、世界の情勢を知らず、情報から取り残された自分がいたこと。うまく言い表せられないのだけど、恐ろしさみたいなのを、感じました。

そして、世界は、数日間で変わる、ということ。

そのことが、未だに心に残っています。

積み重ねも努力も必要だけど。

「変わる時は、一瞬」

ということ。私は意識できていないけど、確かにあるように感じます。

by カエレバ